俳句・川柳・短歌


主を畏れ
怒りを鎮めて
思慮深い
キリストの香り
漂わせよう

2022.11.20


復活を
信じて生きる
義人の歩み
罪を離れる
きよい愛の日々

2022.11.13


善に生きる
親しむ日々に
希望あり
主イエスが共に
歩まれるから

2022.10.30


信仰により
神によって
生まれた者は
必ず御父に
似る者となる

2022.10.9


キリストの
深いあわれみ
受け入れて
御からだにつく
義人とされる

2022.10.2


主の愛に
希望を抱く
忍耐は
再び来られる
確かな証拠

2022.9.18


報酬を
目的とせず
主に仕え
芳しき香り
世界を満たす

2022.9.11


罪深さ
知れば知るほど
あわれみの
きよめの力
我に及べり

2022.9.4


あわれみを
放つ基は
聖餐式
互いをいたわる
聖なる集い

2022.8.21


祝福は
互いの徳を
高め合う
平和を創る
愛の行動

2022.8.7

お互いを
大事に思う
隣人愛
たましい癒す
聖なる奥義

2022.7.31

赦される
愛の恵みは
聖餐式
心ふるわせ
さんび捧げる

2022.7.10

主を畏れ
日々いのち得る
みことばは
私が生きる
まことのパン

2022.6.26

永遠の
いのちに至る
みことばは
変わらぬ愛に
満たされること

2022.6.12

みことばを
信じて受ける
バプテスマ
神との交わり
聖霊の満たし

2022.6.5

神の国
目指して進んだ
七十年
御国に帰る
新たな決意

2022.5.29

みことばの
真理に従う
苦しみは
キリストの香り
忠実な人

2022.5.15

新生の
香り漂う
笑顔かな

2022.5.8

キリストの
いやしの香り
みことばに

2022.5.1

あわれみは
いのちへの道
人の道

2022.4.24

人生の
課題を終えて
天国へ

2022.4.10

律法の
さばきの前に
あわれみを

2022.4.3

みこころに
かなう願いは
聖めなり

2022.3.27

神の子は
あわれみを受け
赦し合う

2022.3.20

あわれみは
さばきに先立ち
注がれて
権威を信じ
共に赦し合う

2022.3.13

罪人が
神に願いを
祈るるは
深いあわれみ
信じるゆえ

2022.2.27

梅の花
みぞるるなかで
精一杯
花びら伸ばし
春を知らせる

2022.2.20

あわれみは
孤独を救う
道しるべ

2022.2.6

キリストの
あわれみの香り
知らせれば
選ばれし人
さんびを捧ぐ

2022.1.30

あわれみに
真心込めて
応えるは
神を崇める
さんびの香り

2022.1.16

あわれみは
神の好みの
良き香り
救いの感謝
絶えず捧げる

2022.1.9

現代人
おせち料理の
意味知らず
お重に詰める
焼肉・唐揚げ

2022.1.2

たましいの
凍て付くような不敬虔
それを溶かすは
十字架の愛

2021.12.26

クリスマス
知れば知るほど
感無量

2021.12.19

みことばは
たましいの糧
我を生かす

2021.12.5

柿落ち葉
来年の実を
期待する

2021.11.28

風巻くとき
冬の到来
身にしみる

2021.11.21


山々に
どんぐりの実を
見つけるは
蒔けば必ず
実がなる証し

2021.10.24


刈り取った
今日の出来事
いつ蒔いた

2021.10.10


老いた根を
蘇らせる
水となる
命のことば
イエスは我が主

2021.9.26


愛おしむ
葡萄づくりに
夢抱く

2021.9.12


世の終わり
不安な世界
 生きるには
唯一の希み
 神のあわれみ

2021.9.5


十字架が
望みの保証
喜びぞ


2021.8.29


花火果つ
神への望みは
永遠に


2021.8.22


葉桜が
厳しい日差しで
万緑へ


2021.8.8


風鈴は
信仰による
涼しさか


2021.8.1


氷水
敵と思わず
差し出せば
硬い心も
互いに溶ける


2021.7.25


子を責める
親の心に
不敬虔


2021.7.18


虹を見て
主への畏れを
強く持つ


2021.7.11


清水(せいすい)に
蛍見つけて
思うこと
敬虔な心に
主はいます


2021.6.27


主イエスに
仕える心
花菖蒲


2021.6.13

新生の
衣がえには
聖霊が


2021.6.6

永遠の
いのちの潤い
梅雨の雨


2021.5.30

主に目見え
新しき身体
白牡丹


2021.5.16

並木道
新樹に御霊の
きよめ受く


2021.5.9

あいつどい
一つ御霊の
交わりや


2021.5.2

みことばを
噛みしめ歩む
いばら道
み神の愛ぞ
深く染み入る 


2021.4.18

神の愛
試練の中に
備えあり
信じて歩む
春の訪れ


2021.4.4

信仰の
蒔かれた種は
時至り
主の憐れみに
桜咲く春


2021.3.28

春の朝
天父の愛を
肌に感ず


2021.3.14

全能の
神の力に
信頼し
春めくごとく
主の似姿へ


2021.3.7

最高の
神の作品
自覚せり


2021.2.28

梅ふふむ
信条のつぼみ
どこに見る


2021.2.21

救われし
きよき喜び
輝けば
厳寒の暗闇
退けり


2021.2.7

再臨を

信じて歩む

寒の月


2021.1.24

椎茸の

無い鍋焼きに

愛を見る


2021.1.17

曙は 
 義人の道の
  シンボルで
輝き増して
 真昼に至る


2021.1.10

新年の
 
神の恩恵
  
感謝して
主をほめ讃える
  証しの一年


2021.1.3