・・・・・俳句&川柳&短歌・・・・・

 

夏の果て 拭い取る汗 きりないが 
 ほっとけないのは  罪の汚れも


2020.8.9

香水で 内なる汚れ ごまかすな


2020.8.2

イエスの血 罪の感染 とどめたり


2020.7.26

泣きやまぬ 雨蛙のよう 主を求め


2020.7.19

教会は 天香国色 善行で


2020.7.5

青田見る 農夫の願い 健美幸


2020.6.28

白バラを じっと見つめて 何思う


2020.6.14

ゴキブリを 嫌悪するほど 罪嫌う


2020.6.7

美しい だけが青葉の 訳じゃない


2020.5.31

薫風に メシアの恩典 感じ入る


2020.5.17

母の日に
 想いめぐらす
  在りし日を
 すべては神の
  
贈り物かな


2020.5.10

今からが 八十八夜の 我が人生


2020.5.3

渡り来る ツバメの定めに なに想う


2020.4.26

花大根 見たことはないが 咲いている


2020.4.5

春景色と 霊のきよめは 神のわざ


2020.3.29

COVID-19 再臨間近の 春一番


2020.3.1

小柄でも 梅咲く姿 美の施し


2020.2.23

殺風景 ものの芽により きよめらる


2020.2.16

神のもの 富士山の白さ きよらかや


2020.2.2

水仙に だれが付けたか 花言葉


2020.1.26

雪恋し 実際に降れば 愚痴積もる


2020.1.12

本来の 正月迎うは 主の再臨


2020.1.5

春永いと 一息つけぬ 主近し


2020.1.1