2020.330-

みことばが受けられた苦しみ

篇12:6
主のみことばは混じりけのないことば。土の炉で七回もためされて、純化された銀。

ことばなる神キリストは、私たちのために苦しみを受けられました。それはいかに純化された贖い主であられるかを証明するものです。

 

1.従順を学ぶための苦しみ

へブル5:8~10
キリストは御子であられるのに、お受けになった多くの苦しみによって従順を学び、完全な者とされ、彼に従うすべての人々に対して、とこしえの救いを与える者となり、神によって、メルキゼデクの位に等しい大祭司ととなえられたのです。

 ◎従順を全うされた結果、私たちにもたらされたものは?
 

 

2.私たちが神の愛を知るため

第1ヨハネ3:16
キリストは、私たちのために、ご自分のいのちをお捨てになりました。それによって私たちに愛がわかったのです。ですから私たちは、兄弟のために、いのちを捨てるべきです。

 ◎神の愛を知ることができていますか?(証しを書く)
 

3.神の愛がどこにあるのかを知らせるため

第1ヨハネ4:10
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。

 ◎神の愛がわからなくなったとき、どうすれば良いですか?
 

4.私たちに模範を残すため

第1ペテロ2:20~21
罪を犯したために打ちたたかれて、それを耐え忍んだからといって、何の誉れになるでしょう。けれども、善を行なっていて苦しみを受け、それを耐え忍ぶとしたら、それは、神に喜ばれることです。あなたがたが召されたのは、実にそのためです。キリストも、あなたがたのために苦しみを受け、その足跡に従うようにと、あなたがたに模範を残されました。

 ◎その模範には、どのような意味があると思いますか?
 

5.私たちが「いやされる」ため

第1ペテロ2:24
そして自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われました。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるためです。キリストの打ち傷のゆえに、あなたがたは、いやされたのです。

 ◎もっとも大切な「いやし」は何でしょう。
 

【俳句】
    花大根  見たことはないが  咲いている