みことばの実を結ぶ


ルカ8:15
しかし、良い地に落ちるとは、こういう人たちのことです。正しい、良い心でみことばを聞くと、それをしっかりと守り、よく耐えて、実を結ばせるのです。

  

1.みことば実現の条件

A) 「正しい、良い心でみことばを聞く」
使徒24:15~16
また、義人も悪人も必ず復活するという、この人たち自身も抱いている望みを、神にあって抱いております。
そのために、私はいつも、神の前にも人の前にも責められることのない良心を保つように、と最善を尽くしています。

 ★正しい良心、きよい良心でみことばを聞くこと。
 

B) 「それをしっかりと守り、よく耐える」
ヨハネ14:21
わたしの戒めを保ち、それを守る人は、わたしを愛する人です。わたしを愛する人はわたしの父に愛され、わたしもその人を愛し、わたし自身を彼に現わします。

 ★神とその愛を信じ続けること。
 

2.よく耐えて実を結んだヨセフ
詩篇105:17~19
主はひとりの人を彼らにさきがけて送られた。ヨセフが奴隷に売られたのだ。
彼らは足かせで、ヨセフの足を悩まし、ヨセフは鉄のかせの中にはいった。
彼のことばがそのとおりになる時まで、主のことばは彼をためした。

A) アブラハムへの約束成就のために、ヨセフが選ばれた。
 

B) ヨセフは、一族の救いと繁栄のために、神に訓練された。
 

【デボーションポイント】
◎ みことばの実は「事上磨錬」(じじょうまれん)を通して結ばれる。

★ 「事上磨錬」の意味
実際に行動や実践を通して、知識や精神を磨き修養すること

 

【短歌】
    川鵜でも  訓練重ね  人のため
       役立つならば  我も主のために