2019 10/14-

 

長寿を全うする


創世記25:8
アブラハムは平安な老年を迎え、長寿を全うして息絶えて死に、自分の民に加えられた。

 

1.人生の走るべき行程を走り尽くす

A)使徒20:24
けれども、私が自分の走るべき行程を走り尽くし、主イエスから受けた、神の恵みの福音をあかしする任務を果たし終えることができるなら、私のいのちは少しも惜しいとは思いません。

 

B)第2テモテ4:6~7
私は今や注ぎの供え物となります。私が世を去る時はすでに来ました。
私は勇敢に戦い、走るべき道のりを走り終え、信仰を守り通しました。
 

C)神の愛の道を走り尽くす(第1ヨハネ4:10~11)
私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。
愛する者たち。神がこれほどまでに私たちを愛してくださったのなら、私たちもまた互いに愛し合うべきです。
 

 

2.目指すべき終活

A)第2テモテ4:8
今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。かの日には、正しい審判者である主が、それを私に授けてくださるのです。私だけでなく、主の現われを慕っている者には、だれにでも授けてくださるのです。
 

B)第2コリント5:1
私たちの住まいである地上の幕屋がこわれても、神の下さる建物があることを、私たちは知っています。それは、人の手によらない、天にある永遠の家です。
 

C)神からの報いを受ける(コロサイ3:24)
あなたがたは、主から報いとして、御国を相続させていただくことを知っています。あなたがたは主キリストに仕えているのです。

 

【デボーションポイント】

◎ 年老いてもわきまえを捨てず、神のことばを基に「仁義道徳」(じんぎどうとく)を貫く。
 

★ 「仁義道徳」の意味

人として守るべき正しい道。またその道にかなう生き方をすること。

 

【俳句】
    とぎれなく  いつまで続く  虫の声