2019 11/18-

秋の雨、初めの雨


 
詩篇84:6
彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。

  

1.主題聖句の内容観察
彼らは涙の谷を過ぎるときも、そこを泉のわく所とします。初めの雨もまたそこを祝福でおおいます。

 

「彼ら」= 5節にある「心の中にシオンへの大路のある人」
「心の中にシオンへの大路のある人」= 神を熱心に求める人
「涙の谷」=人生の苦しみ悲しみ、乾いた心、逆境
「泉のわく所」= 豊かな潤いがあり、実りが期待できる
「初めの雨」= 救いの聖霊の雨
 イスラエルの季節
 3月頃から乾季が始まり、10月頃まで続く
 10月なかば頃に雨季が始まり、3月まで続く
 この雨季の始まりのしるしが秋の雨、初めの雨と呼ぶ
 秋の大雨は、乾季の塵を洗い流し、乾燥しきった土地を柔らかくし、
 種蒔きの環境をもたらす。
 

神の臨在である聖所を慕い求める人にとって、どのような逆境のときでも豊かな潤いがある所となる。なぜなら、神は時にかなって秋の雨である聖霊をくだし、救いと聖めを与え祝福してくださるからです。

2.初めの聖霊の雨を受けた証し

A)ガラテヤ2:20

私はキリストとともに十字架につけられました。もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです。いま私が、この世に生きているのは、私を愛し私のためにご自身をお捨てになった神の御子を信じる信仰によっているのです。

B)第2コリント5:17

だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。

C)テトス3:5

神は、私たちが行なった義のわざによってではなく、ご自分のあわれみのゆえに、聖霊による、新生と更新との洗いをもって私たちを救ってくださいました。

D)ガラテヤ5:22~23

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。

E)ローマ5:5

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

F)ヨエル2:28

その後、わたしは、わたしの霊をすべての人に注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、年寄りは夢を見、若い男は幻を見る。

【デボーションポイント】

◎ 聖霊による「時雨之化」(じうのか)を求めましょう。
 

★ 「時雨之化」の意味

「時雨」は適切な時に適度に降る雨のこと。
適度な雨は草木の育成を良くすることから、君主の善政や聖人の教化が、人々を感化すること。

 

【俳句】
    初冬でも  カナンの地では  秋の雨